活動内容

岡本成史研究室は、人類の健康な生活を脅かす大きな要因の1つである感染症の撲滅あるいは、その脅威の軽減に貢献するために必要な微生物学・免疫学に関する研究・教育を行っています。

研究

研究室では、

  1. レンサ球菌の病原性解析とそれに関わる病原因子の検索
  2. 日和見感染症発症における常在細菌叢および宿主免疫応答変動の関連性
  3. 口腔状態と全身状態の有機的連結により見出される新しい「予防医歯学」「健康科学」の創成にむけた疫学研究

を中心に研究をすすめています。
詳しくはここをクリック

教育

研究室では、保健学類学生、大学院生に病原微生物学、免疫学に関する教育指導を行っています。教育目標として、

  1. 医学的・臨床検査学の立場から、感染症に関する現状と問題点を理解させる
  2. 上記問題点を解決にむけて自発的に行動出来る最先端の研究者や医療従事者を育成する

ことを掲げています。
詳しくはここをクリック

研究室紹介

岡本成史研究室は、実験室2つ(P2実験室、病原体取扱実験室)、大学院生研究室、教授室兼セミナー室を有し、研究活動をすすめています。

P2実験室(P2/BSL2)

ここでは、病原体のin vitroでの感染実験や遺伝子組換え病原体の作製などを行っています。

list1-01

超遠心分離機

list1-02

遠心分離機

list1-03

安全キャビネット

list1-04

ビーズ型破砕機(マルチビーズショッカー)

病原体取扱実験室(P2/BSL2)

ここでは、臨床検体などから採取された微生物の分離と培養、遺伝子解析、微生物タンパクの活性に関する各種解析などを行っています。

list2-01

手前側左にウルトラソニケーターが見えます。

list2-02

マグピックス(タンパク質多項目同時測定システム)

list2-03

ウェスタンブロッティング高速転写装置(Trans-Blot Turbo)

list2-04

高解像度・高感度化学発光撮影装置

list2-03

リアルタイムPCR測定装置

list2-04

左から、安全キャビネット、ふ卵器、CO2インキュベータ

list2-05

超純水、純水製造機

この他、保健学系の共用施設には、マルチプレート型ルミノメータ、ELISAリーダーなどがあります。また医学系をはじめ大学構内には様々な大型機器などが共用で使用できる他、マイクロアレイを用いた遺伝子解析やMALDI-TOFMS解析などを行ってくれる(勿論有償ですが)研究センターも存在します。また、感染動物や遺伝子組換え動物を扱う実験を行う動物実験施設やRI実験施設などもあり、研究設備は充実しています。

研究の様子

list3-01
list3-02
list3-03

大学院生研究室

大学院保健学専攻には多くの大学院研究室があり、そのうちの1室に岡本成史研究室の大学院生が机を並べています。この中でデータ整理や実験計画などを行っています。

list4-01
list4-02

教授室兼セミナー室

岡本教授の部屋とディスカッション、抄読会を行うセミナー室を兼ねた部屋です。
たまにここでパーティーも開きます。

list5-01

メンバー

member

教授

岡本 成史  Shigefumi Okamoto

研究者情報(金沢大学のページへ移動します)
自己紹介(下へ移動します)

大学院生(岡本研究室所属)

  • 大学院医薬保健総合研究科保健学専攻
    博士後期課程1年
    • 長瀬 賢史  Satoshi Nagase
  • 大学院医薬保健総合研究科保健学専攻
    博士前期課程2年
    • 松榮 美希  Miki Matsue
    • 森  裕美子 Yumiko Mori
  • 大学院医薬保健総合研究科保健学専攻
    博士前期課程1年
    • 小谷 勇介  Yuusuke Kotani
    • 湯淺 善恵  Yoshie Yuasa

大学院生(他研究室所属)

  • 大学院医薬保健総合研究科医学博士課程
    医学専攻3年(顎顔面口腔外科学)
    • 本保 敦志  Atsushi Honbo
  • 大学院医薬保健総合研究科医学博士課程
    医学専攻2年(顎顔面口腔外科学)
    • 大矢 明日香 Asuka Ohya

卒業研究学生(保健学類3年生)

  • 北村 真悠  Mayu Kitamura
  • 藤巻 加於梨 Kori Fujimaki
  • 盛田 真央  Mao Morita

教授紹介

professor  みなさん、こんにちは。岡本です。

 現在、金沢大学保健学類検査技術科学専攻学生ならびに大学院医薬保健総合研究科保健学専攻の大学院生を対象に病原微生物学・免疫学の教育と、病原微生物学・感染症学に関する研究を行っています。

 微生物は様々な場所に存在し、人々に様々な影響を及ぼします。私は、その中でも感染症を発症させる病原微生物について、感染症発症の原因とそのメカニズムの解明を中心に研究をすすめています。感染症を発症させる理由について未知の部分は多く存在しており、その未知の解明をおこなうことが私のテーマです。この未知なる部分の一端を解明することによって、感染症発症予防・治療法、さらには新たな微生物検査方法の確立に結びつけることができます。

 また、このような研究によって得た様々な研究成果を最新情報として学生たちに教えるとともに、これからの臨床検査技師に求められている「考えて行動する最先端医療のエキスパート」として必要な物事の学び方や考え方を教育し、問題解決能力を備えた、最先端医療を牽引する医療人、医療系研究者の育成を目指しています。

 岡本成史研究室では、教育、研究を通じて、今後劇的に変化する医療システムの先陣を切り、自ら先頭に立って最先端医療のエキスパートとして活躍できる人材を養成しながら、感染症に関する保健学研究の一大拠点の形成を目指していきたいと考えています。

生年ならびに出身地:
1965(昭和40)年、大阪府出身
(学歴・職歴・研究・教育の詳細は金沢大学研究者情報のページをごらんください)

趣味:

  • クラシック音楽を聴くこと
    ドイツ、ロシア系統の曲目を好んで聴きます。特にご贔屓にしているのは、バッハ、ベートーヴェン、ブラームス、ブルックナー、マーラー、シベリウス、ショスタコーヴィチです。

  • 鉄道に関すること
    私の父親が関西の某大手私鉄の鉄道員だったことが影響し、小さいころからの鉄道マニアです。かつて“乗り鉄”で暇さえあればいろいろな鉄道に乗って楽しんでいましたが、今はそのような時間もなかなかありません。しかし、北陸・中部地方の路線はほとんど乗ったことがないので、時間を作って走破してみたいと考えています。

  • プロ野球観戦(かつては)
    言わずもがな阪神ファンです。しかし、金沢にきてしまい、甲子園球場は遥か遠く、テレビでも阪神戦をみることができないので、この趣味はしばらく封印です。