著書・原著・その他論文

著書(書籍、教科書など)

  • 岡本成史.Ⅰ感染症の基礎 感染症の制御 3. ワクチン. メディカルサイエンス微生物検査学<第二版>太田敏子、岡崎充宏、金森政人、古畑勝則、松村充、山本容正編、近代出版、pp. 78-81, 2016.

  • 杉谷加代、千田靖子、岡本成史.Ⅳ感染症の検体検査 消化器感染症. メディカルサイエンス微生物検査学<第二版>太田敏子、岡崎充宏、金森政人、古畑勝則、松村充、山本容正編、近代出版、pp. 334-342, 2016.

研究論文(原著・英文雑誌)

  • Nagase S, Matsue M, Mori Y, Honda-Ogawa M, Sugitani K, Sumitomo T, Nakata M, Kawabata S, Okamoto S. Comparison of antimicrobial spectrum and mechanisms of organic virgin coconut oil and lauric acid against bacteria
    Journal of Wellness and Health Care, in press.

  • Yamada H, Nagase S, Takahashi K, Sakoda Y, Kida H, Okamoto S. Toll-like receptor 9 ligand D-type oligodeoxynucleotide D35 as a broad inhibitor for influenza A virus replication that is associated with suppression of neuraminidase activity
    Antiviral Research 129:81-92, 2016.

  • Yamada H, Nagao C, Haredy AM, Mori Y, Mizuguchi K, Yamanishi K, Okamoto S. Dextran sulfate-resistant A/Puerto Rico/8/34 influenza virus is associated withthe emergence of specific mutations in the neuraminidase glycoprotein
    Antiviral Research 111(2):69-77, 2014.

  • Haredy AM, Yamada H, Sakoda Y, Okamatsu M, Yamamoto N, Omasa T, Ohtake H, Mori Y, Kida H, Okamoto S, Okuno Y, Yamanishi K. Neuraminidase gene homology contributes to the protective activity of influenza vaccines prepared from the influenza library.
    Journal of General Virology 95(11):2365-2371, 2014.

  • Haredy AM, Takenaka N, Yamada H, Sakoda Y, Okamatsu M, Yamamoto N, Omasa T, Ohtake H, Mori Y, Kida H, Yamanishi K, Okamoto S.An MDCK cell culture-derived formalin-inactivated influenza virus whole-virion vaccine from an influenza virus library confers cross-protective immunity by intranasal administration in mice.
    Clinical and Vaccine Immunology 20(7):998-1007, 2013.

  • Yamada H, Moriishi E, Haredy AM, Takenaka N, Mori Y, Yamanishi K, Okamoto S. Influenza virus neuraminidase contributes to the dextran sulfate-dependent suppressive replication of some influenza A virus strains.
    Antiviral Research 96(3):344-352, 2012.

  • Tanimoto T, Haredy AM, Takenaka N, Tamura S, Okuno Y, Mori Y, Yamanishi K. Okamoto S. Comparison of the cross-reactive anti-influenza neutralizing activity of polymeric and monomeric IgA monoclonal antibodies.
    Viral Immunology 25(5):433-439, 2012.

  • Tang H, Moriishi E, Okamoto S, Okuno Y, Iso H, Asada H, Yamanishi K, Mori Y, for the Shozu Herpes Zoster (SHEZ) Study group. A community-based survey of varicella-zoster virus-specific immune responses in the elderly.
    Journal of Clinical Virology 55(1): 46-50, 2012.

  • Kawai T, Saito M, Nishikomori R, Yasumi T, Izawa K, Murakami T, Okamoto S, Mori Y, Nakagawa N, Imai K, Nonoyama S, Wada T, Yachie A, Ohmori K, Nakahata T, Heike T. Multiple reversions of an IL2RG mutation restore T cell function in an X-linked severe combined immunodeficiency patient.
    Journal of Clinical Immunology 32(4): 690-697, 2012.

  • Kawai T, Saito M, Nishikomori R, Yasumi T, Izawa K, Murakami T, Okamoto S, Mori Y, Nakagawa N, Imai K, Nonoyama S, Wada T, Yachie A, Ohmori K, Nakahata T, Heike T. Multiple reversions of an IL2RG mutation restore T cell function in an X-linked severe combined immunodeficiency patient.
    Journal of Clinical Immunology 32(4): 690-697, 2012.

  • Okamoto S, Yoshii H, Matsuura M, Kojima A, Ishikawa T, Akagi T, Akashi M, Takahashi M, Yamanishi K, Mori Y. Poly-γ-glutamic acid nanoparticles and aluminum adjuvant used as an adjuvant with a single dose of Japanese encephalitis virus-like particles provides effective protection from Japanese encephalitis virus.
    Clinical and Vaccine Immunology 19(1): 17-22, 2012.

  • Kayamuro H, Yoshioka Y, Abe Y, Arita S, Katayama K, Nomura T, Yoshikawa T, Kubota-Koketsu R, Ikuta K, Okamoto S, Mori Y, Kunisawa J, Kiyono H, Itoh N, Nagano K, Kamada H, Tsunoda S, Tsutsumi Y. Systematic characterization of mucosal and systemic immune responses elicited by interleukins as mucosal vaccine adjuvant against influenza virus.
    Journal of Virology 84(24): 12703-12712, 2010.

  • Somboonthum P, Koshizuka T, Okamoto S, Matsuura M, Gomi Y, Takahashi M, Yamanishi K, Mori Y. Rapid and efficient introduction of a foreign gene into bacterial artificial chromosome-cloned varicella vaccine by Tn7-mediated site-specific transposition.
    Virology 402(1): 215-221, 2010.

  • Okamoto S, Hata A, Sadaoka K, Yamanishi K, Mori Y. Comparison of varicella-zoster virus-specific immunity of patients with diabetes mellitus and healthy individuals.
    The Journal of Infectious Diseases 200(10): 1606-1610, 2009.

  • Okamoto S,Matsuura M,Akagi T, Akashi M, Tanimoto T, Ishikawa T, Takahashi M, Yamanishi K, Mori Y. Poly(gamma-glutamic acid) nano-particles combined with mucosal influenza virus hemagglutinin vaccine protects against influenza virus infection in mice.
    Vaccine 27(42): 5896-5905, 2009.

  • Okamoto S, Terao Y, Hasuike K, Hamada S, Kawabata S. A novel streptococcal leucine zipper protein (Lzp) binds to human immunoglobulins.
    Biochemical and Biophysical Research Communications 377(4): 1128-1134, 2008.

  • Sadaoka K, Okamoto S, Gomi Y, Tanimoto T, Yoshikawa T, Asano Y, Yamanishi K, Mori Y. Measurement of varicella-zoster virus (VZV)-specific cell-mediated immunity — Comparison of VZV-skin test and interferon-γ ELISPOT assay.
    The Journal of Infectious Diseases 198(9): 1327-1333, 2008.

  • Kunitomo E, Terao Y, Okamoto S, Rikimaru T, Hamada S, Kawabata S. Molecular and biological characterization of histidine triad protein in group A streptococci.
    Microbes and Infection 10(4): 414-423, 2008.

  • Okamoto S, Terao Y, Tamura Y, Hamada S, Kawabata S. Streptococcal immunoglobulin-binding protein Sib35 exerts stimulatory and mitogenic effects toward mouse B lymphocytes.
    FEMS Microbiology Letters 281(1): 73-81, 2008.

  • Okamoto S, Yoshii H, Ishikawa T, Akagi T, Akashi M, Takahashi M, Yamanishi K, Mori Y. Single dose of inactivated Japanese encephalitis vaccine with poly (γ-glutamic acid) nanoparticles provides effective protection from Japanese encephalitis virus.
    Vaccine 26(5): 589-594, 2008.

  • Somboonthum P, Yoshii H, Okamoto S, Koike M, Gomi Y, Uchiyama Y, Takahashi M, Yamanishi K, Mori Y. Generation of a recombinant Oka varicella vaccine expressing a mumps virus hemagglutinin-neuraminidase protein as a polyvalent live vaccine.
    Vaccine 25(52): 8741-8755, 2007.

  • Okamoto S, Yoshii H, Akagi T, Akashi M, Ishikawa T, Okuno Y, Takahashi M, Yamanishi K, Mori Y. Influenza hemagglutinin vaccine with poly (γ-glutamic acid) nanoparticles enhances the protection against influenza virus infection through both humoral and cell-mediated immunity.
    Vaccine 25(49): 8270-8278, 2007.

  • Okamoto S, Terao Y, Kaminishi H, Hamada S, Kawabata S. Inflammatory immune responses by water-insoluble α-glucans.
    Journal of Dental Research 86(3): 242-248, 2007.

  • Terao Y, Okamoto S, Kataoka K, Hamada S, Kawabata S. Protective immunity against Streptococcus pyogenes challenge in mice following immunization with fibronectin-binding protein.
    The Journal of Infectious Diseases 192(12): 2081-2091, 2005.

  • Okamoto S, Tamura Y, Terao Y, Hamada S, Kawabata S. Systemic immunization with streptococcal immunoglobulin-binding protein Sib35 induces protective immunity against group A Streptococcus challenge in mice.
    Vaccine 23(40): 4852-4859, 2005.

  • Okamoto S, Kawabata S, Terao Y, Fujitaka H, Okuno Y, Hamada S. The Streptococcus pyogenes capsule is required for adhesion of bacteria to virus-infected alveolar epithelial cells and lethal bacterial-viral superinfection.
    Infection and Immunity 72(10): 6068-6075, 2004.

  • Tamura F, Nakagawa R, Akuta T, Okamoto S, Hamada S, Maeda H, Kawabata S, Akaike T. Proapoptotic effect of proteolytic activation of matrix metalloproteinases by Streptococcus pyogenes thiol proteinase/Streptococcus pyrogenic exotixin B.
    Infection and Immunity 72(8): 4836-4847, 2004.

  • Okamoto S, Kawabata S, Fujitaka H, Uehira T, Okuno Y, Hamada S. Vaccination with formalin-inactivated influenza vaccine protects mice against lethal influenza-Streptococcus pyogenes superinfection.
    Vaccine 22(21-22): 2887-2893, 2004.

  • Okamoto S, Kawabata S, Nakagawa I, Okuno Y, Goto T, Sano K, Hamada S. Influenza A virus-infected hosts boost an invasive type of Streptococcus pyogenes infection in mice.
    Journal of Virology 77(7): 4104-4112, 2003.

  • Liu ZX, Ajipa O, Okamoto S, Govindarajan S, Dennert G. Extracellular nicotinamide adenine dinucleotide induces T cell apoptosis in vivo and in vitro.
    The Journal of Immunology 167(9): 4942-4947, 2001.

  • Okamoto S, Kawabata S, Nakagawa I, Hamada S. Administration of superantigens protects mice from lethal Listeria monocytogenes infection by enhancing cytotoxic T cells.
    Infection and Immunity 69(11): 6633-6642, 2001.

  • Liu ZX, Govindarajan S, Okamoto S, Dennert G. Fas-mediated apoptosis causes elimination of virus-specific cytotoxic T cells in the virus-infected liver.
    The Journal of Immunology 166(5): 3035-3041, 2001.

  • Liu ZX, Govindarajan S, Okamoto S, Dennert G. NK cells cause liver injury and facilitate the induction of T cell-mediated immunity to a viral liver infection.
    The Journal of Immunology 164(12): 6480-6486, 2000.

  • Liu ZX, Govindarajan S, Okamoto S, Dennert G. Fas- and tumor necrosis factor receptor 1-dependent but not perforin-dependent pathways cause injury in livers infected with an adenovirus construct in mice.
    Hepatology 31(3): 665-673, 2000.

  • Okamoto S, Azhipa O, Yu Y, Russo E, Dennert G. Expression of ADP-ribosyltransferase on normal T lymphocytes and effects of nicotinamide adenine dinucleotide on their function.
    The Journal of Immunology 160(9): 4190-4198, 1998.

  • Rikiishi H, Okamoto S, Sugawara S, Tamura K, Liu ZX, Kumagai K. Superantigenicity of helper T-cell mitogen (SPM-2) isolated from culture supernatants of Streptococcus pyogenes.
    Immunology 91(3): 406-413, 1997.

  • Yu Y, Okamoto S, Nemoto E, Dennert G. Molecular cloning of a functional murine arginine-specific mono ADP ribosyltransferase and its expression in lymphoid cells.
    DNA and Cell Biology 16(2): 235-244, 1997.

  • Nemoto E, Rikiishi H, Sugawara S, Okamoto S, Tamura K, Maruyama Y, Kumagai K. Isolation of a new superantigen with potent mitogenic activity to murine T cells from Streptococcus pyogenes.
    FEMS Immunology and Medical Microbiology 15(2-3): 81-91, 1996.

  • Ohteki T, Okamoto S, Nakamura M, Nemoto E, Kumagai E. Elevated production of interleukin 6 by hepatic MNC correlates with ICAM-1 expression on the hepatic sinusoidal endothelial cells in autoimmune MRL/lpr mice.
    Immunology Letters 36(2):145-152, 1993.

その他論文(総説、解説など)

  • 岡本成史.次世代インフルエンザワクチンの開発に向けて-これからのインフルエンザワクチンに必要な性状とその研究状況-.
    小児科臨床 67(4):600-606, 2014.

  • 岡本 成史. 「粘膜免疫による交叉防御」と「ワクチン用種ウイルス」に焦点を当てた次世代インフルエンザワクチン研究.
    薬学雑誌 133(3):313-321, 2013.

  • 岡本 成史,川端 重忠. A群レンサ球菌―インフルエンザウイルスとの複合感染による重症化―.
    炎症と免疫18(6):657-660,2010.

  • 岡本 成史, 森 康子. 帯状疱疹ワクチンに向けた取り組み.
    臨床と微生物36(6):69-73,2009.

  • 森 康子,岡本 成史. 水痘生ワクチンを用いた組換えウイルスの作製と組換え多価生ワクチンとしての応用.
    Medical Science Digest 34(9):436-439,2008.

  • 岡本 成史, 森 康子. 新しい多価ワクチンの作製法,水痘弱毒生ワクチンのベクターとしての応用.
    化学と生物 46(1):12–16,2008.

  • Okamoto S,Terao Y,Kaminishi H,Hamada S,Kawabata S. Water-insoluble α-glucans from Streptococcus sobrinus induce inflammatory immune responses.
    Interface Oral Health Science 2007, Watanabe M and Okuno O (Eds), Springer Japan, Tokyo, pp243-247, 2007.

  • Okamoto S,Kawabata S,Nakagawa I,Okuno Y,Goto T,Sano K,Hamada S.A model of invasive type of Streptococcus pyogenes infection after intranasal infection in influenza A virus.
    International Congress Series 1263. Option for the control of Influenza V, Kawaoka Y (Ed), Elsevier, Amsterdam, pp733-736, 2004.

  • 岡本 成史, 浜田 茂幸, 川端 重忠. 肺上皮におけるインフルエンザウイルスとレンサ球菌並行感染による重症化メカニズムの解明.
    感染・炎症・免疫33(4):322-324,2003.

  • 岡本 成史,浜田 茂幸. 文献と臨床の橋わたし−細菌感染症におけるスーパー抗原の役割─両刃の剣.
    The Nippon Dental Review (月刊日本歯科評論) 62(3):179–181,2002.

  • 菅原 俊二,岡本 成史,熊谷 勝男. スーパー抗原の感染における免疫学的役割.
    Annual Review免疫1995,200–207, 1995.

  • 岡本 成史. A群溶レン菌培養液中に検出されるVβ8+ T細胞活性化スーパー抗原 (sCAP)の分離とその生物学的性状.
    東北大学歯学雑誌 14(1):13-26, 1995.

  • 岡本 成史,恩田 時男,菅原 俊二,根本 英二,力石 秀実,田村 啓二,熊谷 勝男.溶連菌由来のスーパー抗原により活性化されるT細胞の新しい生物学的意義.
    Progress of antiviral research in Japan, pp. 81-91, 1993.

学会発表

国内学会発表(2007年以降)

  • 三浦由佳,江尻重文,平田佳永,岡本成史,須釜淳子,石川県内の地域在住高齢者における口腔の自覚症状と口腔保健行動の特徴
    第28回甲信越北陸口腔保健研究会総会・学術集会,2017年7月29日、新潟県新潟市

  • 長谷剛志,三浦由佳,岡本成史,胃瘻造設時における「食力class 分類」による食べる機能評価の試み
    第14回口腔ケア学会総会・学術集会,2017年4月22, 23日、沖縄県宜野湾市

  • 三浦由佳,江尻重文,長谷剛志,Tantut Susanto,真田 茂,岡本成史,須釜淳子,歯肉炎および歯周炎の保有と関連する保健行動と地域差
    第14回口腔ケア学会総会・学術集会,2017年4月22, 23日、沖縄県宜野湾市

  • 長瀬賢史, 大貝和裕, 森裕美子, 向井加奈恵, 松榮美希, 須釜淳子, 岡本成史、新規皮膚細菌採取法の開発と同方法によるスワブ法と比較しての採取される皮膚細菌叢分布の相違
    第90回日本細菌学会総会・学術集会、2017年3月19-21日、宮城県仙台市

  • 森裕美子, 松榮美希, 長瀬賢史, 小谷勇介, 湯淺善恵, 林和貴, 杉谷加代, 岡本成史、中鎖脂肪酸の抗菌効果の新規測定法の開発
    第90回日本細菌学会総会・学術集会、2017年3月19-21日、宮城県仙台市

  • 長瀬賢史, 大貝和裕, 向井加奈恵, 井内映美, 森裕美子, 松榮美希, 須釜淳子, 岡本成史、非侵襲的吸着法による新規皮膚細菌叢分布測定法の開発並びに、同法による高齢者、若年者における同細菌叢の相違に関する検討
    第32回日本環境感染学会総会・学術集会、2017年2月24-25日 兵庫県神戸市

  • 森裕美子、松榮美希、長瀬賢史、小谷勇介、湯淺善恵、林和貴、杉谷加代、岡本成史、寒天封入法を用いた脂肪酸の抗菌効果の検討
    第9回北陸バイオシンポジウム、2016年11月4日 福井県あわら市

  • 松榮美希、森裕美子、長瀬賢史、湯淺善恵、小谷勇介、林和貴、杉谷加代、岡本成史、中鎖脂肪酸による抗菌効果についての新規簡便検索法の開発
    第9回北陸バイオシンポジウム、2016年11月4日 福井県あわら市

  • 長瀬賢史、大貝和裕、向井加奈恵、井内映美、森裕美子、松榮美希、須釜淳子、岡本成史、新規皮膚細菌叢分布測定法を用いた高齢入院患者と若年健常者における皮膚細菌叢の比較
    第53回日本細菌学会中部支部総会、2016年10月新潟県新潟市

  • 森裕美子、松榮美希、長瀬賢史、小川真理子、住友倫子、中田匡宣、川端重忠、岡本成史、ヴァージンココナッツオイル(VCO)とラウリン酸における抗菌効果の比較検討
    第53回日本細菌学会中部支部総会、2016年10月新潟県新潟市

  • 松榮美希、森祐美子、長瀬賢史、湯淺善恵、小谷勇介、林和貴、杉谷加代、岡本成史、可視分光光度計を用いた中鎖脂肪酸による抗菌効果の新規簡便検索法の開発
    第53回日本細菌学会中部支部総会、2016年10月新潟県新潟市

  • 馬瀬慶一郎、江尻重文、平田佳永、岡本成史、石川県歯科医師会の歯科保健指導システムによる就業者の口腔に対する意識向上の可能性
    第27回甲信越北陸口腔保健研究会総会・学術集会、2016年7月、石川県金沢市

  • 三浦由佳、岡本成史、須釜淳子、超音波検査法を用いた嚥下機能の評価が誤嚥性肺炎予防に有用であったと考えられた2症例
    第27回甲信越北陸口腔保健研究会総会・学術集会、2016年7月、石川県金沢市

  • 長瀬賢史, 大貝和裕, 向井加奈恵, 岡本成史, 須釜淳子、寝たきり高齢入院患者と若年健常人における皮膚細菌叢の比較
    第58回日本老年医学会学術集会、2016年6月、石川県金沢市

  • 長瀬賢史, 松榮美希, 森裕美子, 小川真理子, 住友倫子, 川端重忠, 岡本成史、ヴァージンココナッツオイル(VCO)の抗菌効果に関する検討
    第8回北陸バイオシンポジウム、2015年10月、石川県加賀市

  • 岡本成史、竹中延之、迫田義博、岡松正敏、山本直樹、Haredy, AM, 山田博司、森 康子、喜田 宏、山西弘一、インフルエンザウイルスライブラリーを利用した、パンデミックインフルエンザに即応し得る新規ワクチンの検討
    第16回日本ワクチン学会学術集会、2012年11月、神奈川県横浜市

  • 松岡 須美子、谷本 武史、高野 大輔、Ahmad M. Haredy、田村 愼一、奥野 良信、森 康子、山西弘一、岡本成史、抗インフルエンザIgAモノクローナル抗体による交叉防御効果の性状解析
    第16回日本ワクチン学会学術集会、2012年11月、神奈川県横浜市

  • 岡本成史、竹中延之、迫田義博、岡松正敏、山本直樹、Haredy, AM, 山田博司、森 康子、喜田 宏、山西弘一、パンデミックインフルエンザの発生に即応した、ワクチン製造用種ウイルス株の作出―インフルエンザウイルスライブラリーの利用―
    第60回日本ウイルス学会学術集会、2012年11月、大阪府大阪市

  • 山田博司、森 康子、山西弘一、岡本成史、Dextran sulfate によるインフルエンザウイルス増殖の阻害とNA活性抑制との関連性
    第60回日本ウイルス学会学術集会、2012年11月、大阪府大阪市

  • Ahmad M Haredy、谷本武史、高野大輔、田村愼一、奥野良信、森 康子、山西弘一、岡本成史、Cross-neutralization activity of anti-influenza IgA monoclonal antibody、
    第60回日本ウイルス学会学術集会、2012年11月、大阪府大阪市

  • Ahmad M Haredy, 谷本武史、田村愼一、松岡須美子、森 康子、奥野良信、山西弘一、岡本成史、Crossreactivity of polymeric and monomeric anti-influenza IgA monoclonal antibody
    第26回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム、2012年5月24-26日、福島県北塩原村

  • 山田博司、Ahmad M Haredy、森 康子、山西弘一、岡本成史、Dextran sulfate によるインフルエンザウイルスNA活性とウイルス増殖の阻害
    第26回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム、2012年5月24-26日、福島県北塩原村

  • 岡本成史、谷本武史、高野大輔、松岡須美子、Ahmad M. Haredy、竹中延之、田村愼一、奥野良信、森 康子、山西弘一、抗インフルエンザIgAモノクローナル抗体による交叉防御効果の可能性
    第15回日本ワクチン学会学術集会、2011年12月10-11日 東京都千代田区

  • 松岡須美子、岡本成史、Ahmad M. Haredy、谷本武史、五味康行、石川豊数、奥野良信、森 康子、山西弘一、インフルエンザ不活化全粒子ワクチンの経鼻接種による交叉防御効果の範囲と抗ウイルス中和抗体との関連性
    第15回日本ワクチン学会学術集会、2011年12月10-11日 東京都千代田区

  • 岡本成史、松岡須美子、Ahmad M. Haredy、山田博司、谷本武史、五味康行、石川豊数、奥野良信、赤木隆美、明石 満、森 康子、山西弘一、インフルエンザ不活化全粒子ワクチンの経鼻接種による交叉防御効果と抗ウイルス中和抗体産生との関連性
    第25回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム、2011年6月2-4日 富山県富山市

  • Huamin Tang, Eiko Moriishi, Shigefumi Okamoto, Yoshinobu Okuno, Hiroyasu Iso, Hideo Asada, Koichi Yamanishi, Yasuko, MoriInvestigation of VZV-immunity by large cohort study.
    第26回ヘルペスウイルス研究会、2011年6月2-4日 大阪府大阪市

  • 岡本 成史、松岡 須美子、山田 博司、五味 康行、奥野 良信、明石 満、森 康子、山西 弘一、インフルエンザ不活化全粒子ワクチン経鼻接種による交叉防御免疫応答の検討
    第14回日本ワクチン学会学術集会、2010年12月11-12 東京都千代田区

  • 松浦 正明、Somboonthum Pranee、岡本 成史、五味 康行、高橋 理明、山西 弘一、森 康子、細胞融合を抑制したムンプスウイルスhemagglutinin-neuraminidase及びfusion protein 発現組換え水痘ワクチンの開発
    第14回日本ワクチン学会学術集会、2010年12月11-12 東京都千代田区

  • 菅田 健、中井 英剛、浅野 喜造、吉川 哲史、深谷 修作、吉田 俊治、岡本 成史、森 康子、膠原病患者における帯状疱疹発症リスクの解析:ELISPOTアッセイによる特異的細胞性免疫能の評価
    第25回ヘルペスウイルス研究会、2010年5月27日-29日 静岡県浜松市

  • 岡本成史、羽田敦子、定岡 恵、山西弘一、森 康子、糖尿病患者における水痘帯状疱疹ウイルス特異的な免疫応答の抑制の可能性に関する検討
    第24回ヘルペスウイルス研究会、2009年7月2日~4日 静岡県裾野市

  • 松浦正明、吉井洋紀、岡本成史、Pranee Somboonthum, 高橋理明、山西弘一、森 康子、新規ワクチン開発のための水痘ワクチン株のクローン化とその性状解析
    第13回日本ワクチン学会学術集会、2009年9月26,27日 北海道札幌市

  • Pranee Somboonthum, 松浦正明、岡本成史、五味康行、高橋理明、山西弘一、森 康子、Construction of a recombinant varicella vaccine expressing mumps virus hemagglutinin-neuraminidase and measles virus hemagglutinin proteins
    第13回日本ワクチン学会学術集会、2009年9月26,27日 北海道札幌市

  • 岡本成史、松浦正明、小島朝人、石川豊数、明石 満、高橋理明、山西弘一、森 康子、アジュバント-日本脳炎ワクチンの1回接種での防御免疫応答の持続性と免疫学的機構
    第56回日本ウイルス学会学術集会、2008年10月26日~28日 岡山県岡山市

  • 定岡 恵、岡本成史、五味康行、谷本武史、石川豊数、吉川哲史、浅野喜造、高橋理明、山西弘一、森 康子、水痘帯状疱疹ウイルス特異的な細胞性免疫能測定における皮内試験とIFN-gamma ELISPOT 法との比較検討
    第23回ヘルペスウイルス研究会、2008年6月5日~7日 鳥取県西伯郡伯耆町

  • 岡本成史、松浦正明、石川豊数、明石 満、高橋理明、山西弘一、森 康子、ポリ-gamma-グルタミン酸ナノ粒子(gamma-PGA-NPs)とインフルエンザ-ヘマグルチニンワクチンとの併用経鼻接種によるウイルス交叉防御効果
    第12回日本ワクチン学会学術集会、2008年11月8日~9日 熊本県熊本市

  • 岡本成史, 吉井洋紀, 小島朝人, 石川豊数, 明石 満, 高橋理明, 山西弘一, 森 康子、アジュバントとの併用による効果的な日本脳炎ワクチンの1回接種法の検討.
    第55回日本ウイルス学会学術集会、2007年10月21日~23日 北海道札幌市

  • Somboonthum, P., Yoshii, H., Okamoto, S., Gomi, Y., Takahashi, M., Yamanishi, K., and Mori, Y. Construction of a recombinant varicella vaccine expressing a mumps virus hemagglutinin-neuraminidase protein.
    第22回ヘルペスウイルス研究会、2007年6月14日~6月16日、福岡県福岡市

  • 岡本 成史、ソムプンタム プラニー、吉井 洋紀、山西 弘一、森 康子
、モルモットを用いた水痘—ムンプス多価ワクチンの経鼻接種による抗ウイルス免疫応答の検討
    第22回ヘルペスウイルス研究会、2007年6月14日~6月16日、福岡県福岡市

  • 岡本成史, 吉井洋紀, 小島朝人, 石川豊数, 明石 満, 高橋理明, 山西弘一, 森 康子、ポリ-γ-グルタミン酸ナノ粒子の日本脳炎ワクチンアジュバントとしての可能性.
    第11回日本ワクチン学会学術集会、2007年12月8日~9日,神奈川県横浜市

  • Somboonthum, P., Yoshii, H., Okamoto, S., Gomi, Y., Takahashi, M., Yamanishi, K., and Mori, Y. Construction of a recombinant varicella vaccine expressing a mumps virus hemagglutinin-neuraminidase and fusion glycoproteins.
    第11回日本ワクチン学会学術集会、2007年12月8日~9日,神奈川県横浜市

  • 定岡 恵、岡本 成史、羽田 敦子、吉川 哲史、浅野 喜造、山西 弘一、森 康子、ELISPOT法による水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)特異的細胞性免疫能の評価.
    第55回日本ウイルス学会学術集会、2007年10月21日~23日 北海道札幌市

国際学会発表(2007年以降)

  • Ogai K, Nagase S, Mukai K, Iuchi T, Okamoto S, Sugama J. A comparative study of skin bacterial communities in healthy-young individuals and bedridden-aged inpatients in Japan. World Union of Wound Healing Societies WUWHS2016 (September, 2016, Florence, Italy)

  • Okamoto S, Tanimoto T, Haredy AM, Tamura S, Okuno Y, Mori Y, Yamanishi K. Comparison of the cross-reactive anti-influenza neutralizing activity of polymeric and monomeric IgA monoclonal antibodies.
    Influenza 2012: One Influenza, One World (September, 2012, Oxford, UK)

  • Somboonthum P, Matsuura M, Ota M, Okamoto S, Gomi Y, Takahashi M, Mori Y, Yamanishii K. Application of varicella-zoster virus as a polyvalent live vaccine vector.
    International Union of Microbiological Societies 2011 Congress (September, 2011, Sapporo, Japan)

  • Okamoto S, Yamada H, Matsuoka S, Haredy AM, Tanimoto T, Gomi Y, Ishikawa T, Akashi M, Okuno Y, Mori Y, Yamanishi K. Intranasal immunization with formalin inactivated influenza A whole virion vaccine alone induces sufficient cross-protection, correlating with cross-reactive neutralizing antibody production.
    International Union of Microbiological Societies 2011 Congress (September, 2011, Sapporo, Japan)

  • Okamoto S, Matsuoka S, Yamada H, Gomi Y, Okuno Y, Akagi T, Akashi M, Mori Y, Yamanishi K .Protective immune response by intranasal immunization with split-virion influenza A vaccine with adjuvant and whole virion vaccine.
    Cell Symposia: Influenza-Translating Basic Insight (December, 2010, Washington DC, USA)

  • Tang H, Okamoto S, Yamanishi K, Mori Y. The correlation of VZV specific T cell-mediated immunity and the incidence of herpes zoster.
    35th International Herpesvirus Workshop (July, 2010, Salt Lake City, UT, USA)

  • Okamoto S, Hata A, Sadaoka K, Yamanishi K, Mori Y. Varicella zoster virus-specific immunity in patients with diabetes mellitus.
    The 14th International Conference on Immunobiology and Prophylaxis of Human Herpesvirus Infections (October, 2009, Kobe, Japan)

  • Okamoto S, Hata A, Sadaoka K, Yamanishi K, Mori Y. Decreased varicella zoster virus-specific cell-mediated immunity in patients with diabetes mellitus.
    34th International Herpesvirus Workshop (July, 2009, Ithaca, NY, USA)

  • Okamoto S, Sadaoka K, Gomi Y, Tanimoto T, Ishikawa T, Yoshikawa T, Asano Y, Yamanishi K, Mori Y. Comparison of skin test and interferon-gamma ELISPOT assay on measurement of varicella-zoster virus (VZV)-specific cell-mediated immunity.
    33rd International Herpesvirus Workshop (July, 2008, Estoril, Portugal)

  • Okamoto S, Terao Y, Kaminishi H, Hamada S, Kawabata S. Water-insoluble α-glucans from Streptococcus sobrinus induce inflammatory immune responses.
    The 2nd International Symposium for Interface Oral Health Science (February, 2007, Sendai, Japan)

招待講演・シンポジウム発表

  • 岡本 成史. インフルエンザウイルスとレンサ球菌属との共感染による劇症型感染症発症に関する研究動向.第89回日本細菌学会学術集会(2016年3月,大阪)(ワークショップ)

  • 岡本 成史. パンデミックに即応しうるインフルエンザワクチンデザイン.第10回霊長類医科学フォーラム.(2014年11月,つくば)(シンポジウム)

  • 岡本 成史,山西 弘一. 粘膜免疫による交叉防御とワクチン用種ウイルスに焦点を当てた、次世代インフルエンザワクチン研究.第132回日本薬学会年会.(2012年3月,札幌)(シンポジウム)

  • 岡本 成史. 歯科領域の滅菌と消毒.第8回日本バイオセーフティ学会学術集会.(2008年12月,大阪)(シンポジウム)

  • Okamoto S . Pathogenic mechanism of lethal influenza-bacterial superinfection. International Workshop for Fujita Health University 21st COE Program “Can monoclonal antibodies regulate flu? (February, 2006, Nagoya, Japan)(シンポジウム)

  • Okamoto S, Hamada S, Kawabata S. Invasive group A Streptococcus infections followed by intranasal susperinfection with influenza A virus in mice: Cure and prevention of lethal synergism. World Conference on Magic Bullets – To Celebrate Paul Ehrlich’s 150th Birthday. (September, 2004, Nurnberg, Germany)(シンポジウム)

  • 川端 重忠,岡本 成史,桑田 啓貴,奥野 良信,浜田 茂幸. A群レンサ球菌とインフルエンザウイルス混合感染によるマウス致死性増強効果. 第73回日本細菌学会総会.(2000年5月,札幌)(シンポジウム)